• ヘッドバナー
  • ヘッドバナー

SAIC MAXUS T60 副水タンク C00127188

簡単な説明:

製品アプリケーション: SAIC MAXUS

製品OEM番号: C00127188

場所の組織: 中国製

ブランド: CSSOT / RMOEM / ORG / コピー

リードタイム: 在庫、20 個未満の場合、通常 1 か月

お支払い:TTデポジット

会社ブランド: CSSOT


製品の詳細

製品タグ

製品情報

製品名 水槽
製品用途 上海マクサス
製品OEM番号 C00127188
場所の組織 中国製
ブランド CSSOT /RMOEM/組織/コピー
リードタイム 在庫、20 個未満の場合、通常 1 か月
支払い TT デポジット
企業ブランド CSSOT
申請システム シャーシシステム

商品の展示

20121142631
20121142646

漏れ処理

水漏れが1mm以下の亀裂または2mmの穴以下の場合、強力な水タンク閉塞剤のボトルを水タンクに加えて車を始動します。

冷却水を開け​​て大循環を開始してから5〜10分ほどで、水タンク、ゴムパイプ、冷却システムの各パッドからの漏れが止まります。漏れが止まった後は排出する必要がないため、放熱や詰まりに影響を与えません。

漏れ止め剤の携行がない場合でも、各放熱パイプにわずかな水漏れがあれば、水タンクに刻みたばこを一時的に入れ、水の循環圧力を利用して水漏れ箇所の刻みたばこを遮断することができます。一時的に使用する放熱パイプの設置。

水タンクのラジエーターパイプに深刻な水漏れが発生した場合は、漏れているラジエーターパイプを水漏れ部分から切り離し、切断されたラジエーターパイプを石鹸を付けた綿球でブロックし、切り口を塞ぎます。ラジエーターパイプをペンチで平らにし、圧着して押し込むと水漏れが止まります。

ゴム管継手から水漏れが発生した場合は、ゴム管継手クリップをゴム管継手にドライバーで適時に2重に巻きつけ、ペンチで締め付けてください。ゴムチューブが破損した場合は、粘着テープでしっかりと巻きつけて一時的に使用することができます。

折りたたみのクリーニング手順

ステップ 1 - 開始

まず、エンジンが冷えていることを確認してください。高熱エンジンは、水タンクが非常に高圧の高温冷却剤で満たされていることを意味し、水タンクのカバーを開けると火傷をする可能性があります。冷たい水は熱いエンジンにダメージを与える可能性もあります。

ステップ 2 - 水タンクを掃除する

誤って滑らないように、フードを開いてしっかりと固定します。次に、ネロンブラシと石鹸を使用して、水温と温度で水槽のグリルに集まった昆虫の死骸や破片を拭きます。金属は脆く曲がり変形しやすいため、水槽のラジエーターと逆方向ではなく、必ず方向に沿ってこすってください。グリルの掃除が完了したら、グリルの上のホースから穏やかな水流を流して、すべてのゴミが完全に除去されていることを確認します。

タンクの洗浄は 2 年ごとに行うだけですが、12,000 マイル程度ごとにタンク グリルを掃除することをお勧めします。

ステップ3 - ドレンパンを設置する

廃クーラントを適切に排出することは非常に重要です。冷却剤は毒性が強いですが、甘い味がするので子供や動物を惹きつけます。無人で地上に排出してはならない。ドレンパンをキッチン以外の用途に使用しないように注意してください。使い捨てのドレンパンが最適です。ドレンパンは、車両の下に簡単に設置できるほど小さいものにする必要があります。

適切なドレン パンを見つけたら、それを車両の下にスライドさせ、中心をタンクのドレン バルブ (ドレン プラグとも呼ばれます) に合わせます。

ステップ 4 - 水タンクのカバーを確認する

水タンクカバーは、水タンク内の冷却水を密封して加圧し、エンジンを冷却するために水タンクのカバーとして使用されます。冷却水の圧力はエンジンによって異なり、圧力定格はカバー自体の上部にマークされています。

水タンクのカバーには、上部の幅広の平らな金属と下部の小さなシールゴムの間に伸びるスプリングコイルが含まれています。スプリングとシールゴムの間の張力が、カバーの圧力を維持するための鍵となります。したがって、両方が簡単に圧縮できる場合は、水タンクカバーが摩耗していることを示しており、交換する必要があります。給水タンクのカバーを交換すると、シールゴムが錆びたり、乾燥したりすることもあります。一般的に、タンク カバーは少なくとも 2 年ごとに交換する必要があるため、タンクを洗浄するときは、それを日課の一部として行うことができます。タンクキャップが異なれば圧力定格も異なることに注意してください。そのため、必ず定格を車両記録に保管してください。

20121142643
20121142646
20121142650

ステップ 5 - クリップとホースを確認する

次のステップは、水タンクのゴムチューブとクリップを確認することです。ホースは2本あり、水タンクの上部にある1本はエンジンから高温の​​冷却水を排出するため、もう1本のホースは下部にあり冷却された冷却水をエンジンに循環させます。ホースの交換を容易にするために水タンクを空にする必要があるため、エンジンをフラッシングする前に確認してください。このようにして、ホースが壊れたり、漏れの跡があったり、クリップが錆びているように見える場合は、水タンクに水を補充する前にホースを交換することができます。おかゆのような柔らかい粘着マークは、新しいホースが必要であることを示します。これらのマークが 1 本のホースにのみ見つかった場合は、2 本を交換してください。

ステップ 6 - 古いクーラントを排出します。

水槽の排水弁(または排水栓)には、開けやすいハンドルが付いているものとする。ツイスト プラグを緩めるだけで (軍手を着用してください。クーラントは有毒です)、ステップ 4 で車両の下に置いたドレン パンにクーラントが流れるようにします。すべてのクーラントが排出されたら、ツイスト プラグを交換し、冷却液を満たします。古いクーラントを隣に用意した密閉可能な容器に移します。次にドレンパンをドレンプラグの下に戻します。

ステップ7 – 水タンクを洗い流す

これで、実際のフラッシングを実行する準備が整いました。庭のホースを持ってきて、ノズルを水タンクに挿入し、いっぱいまで流すだけです。次に、ツイストプラグを開いて、水をドレンパンに排出します。水の流れがきれいになるまでこれを繰り返し、古いクーラントを廃棄するのと同じように、フラッシングプロセスで使用したすべての水を必ず密閉可能な容器に入れてください。この時点で、必要に応じて摩耗したクリップやホースを交換する必要があります。

ステップ 8 - 冷却剤を追加する

理想的な冷却剤は、50% の不凍液と 50% の水の混合物です。水道水に含まれるミネラルが冷却液の性質を変化させ、正常に動作できなくなるため、蒸留水を使用してください。あらかじめ清潔な容器で成分を混ぜておくことも、直接注入することもできます。ほとんどの水タンクには約 2 ガロンの冷却剤を入れることができるので、必要な量を判断するのは簡単です。

ステップ 9 - 冷却システムのエア抜きをする

最後に、冷却システム内に残っている空気を排出する必要があります。タンクのキャップを開けた状態で (圧力の上昇を避けるため)、エンジンを始動し、約 15 分間運転させます。次に、ヒーターをオンにして高温にします。これにより、冷却剤が循環し、閉じ込められた空気が放散されます。空気が除去されると、空気が占めていたスペースがなくなり、少量の冷却剤スペースが残るので、ここで冷却剤を追加できます。ただし、水タンクから出る空気はかなり熱くなっていますので注意してください。

次に、水タンクのカバーを元に戻し、余分な冷却水を布で拭きます。

ステップ 10 - 洗浄して廃棄する

ツイストプラグに漏れやこぼれがないか確認し、布、古いクリップとホース、および使い捨てのドレンパンを廃棄します。これでほぼ完了です。使用済みクーラントを適切に廃棄することは、使用済みエンジン オイルを廃棄するのと同じくらい重要です。繰り返しになりますが、古いクーラントの味と色は特に子供にとって魅力的ですので、放置しないでください。これらの容器は危険物リサイクルセンターに送ってください。危険物の取り扱い。

お客様の評価

カスタマーレビュー
カスタマーレビュー1
お客様のレビュー2
お客様のレビュー3

  • 前の:
  • 次:

  • ここにメッセージを書いて送信してください

    関連製品